きいろのせかい




<画像クリックで華麗に拡大します^^>



まだ保育園にも行っていない幼少の頃、父親と近所でお絵描きをしていました

僕が色を要求して父親がその色のクレヨンを渡してくれる当感じで


ところが当時まだ色の名前をよく知らなかった僕は、

「木」を塗るのに「木色(きいろ)」を要求しました

当然渡されるのは黄色です


思っているのと違う色を渡された僕は???

突き返されては何度も同じ色を要求される父親も???


そんな小さな頃の記憶なんてほとんど覚えてないけど、

断片的に覚えている思い出の中の一コマ


なんだかもう亡くなったかのような感じになっちゃいましたが、

父親はすこぶる元気に存命していますのでお間違えなきよう(^^;)



関連記事
スポンサーサイト
NEXT≫
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

Pasion


Author:Pasion

最新記事
Pasion's Sponsored Link
Amazon商品検索